読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天使みたいのブログ

天使みたいの日記

「見返りを期待しないで愛しなさい」とアダルトチルドレン

わたしはACで自己肯定感が滅法低い。

ちょっと怒られたり、相手に不機嫌の色を見るだけで、すぐに死にたくなったり絶望的な気持ちになってしまう。

そのわたしにとって、「見返りを期待しないで愛しなさい、何も期待しないこと」はすごくきつい。

もしこちらから好意を示して、相手に拒否されれば?そう考えただけで、何をするのが良いことか分かってても、足がすくむ。

否定されたと感じたら、わたしは絶対に暴走してしまうし、相手との関係を切ってしまう。

それを「見返りを期待してるから」と戒められるのはきついと感じる。

「相手に期待しないで善行をしなさい」というのは、健全な親元で育ち、ある程度には自己肯定感が育っている人が出来ることなのではないか、とたまに思う。

返ってこなかった時のリスク。「ムカつく」とかいう程度じゃない。絶望感や希死念慮まで湧いて、感情が暴走する余り相手を切ってしまうやるせなさ。

そのリスクを負ってまで、相手に愛情を与える覚悟。ない...

でも、私なりに頑張りたいとは思っている。

遥さんが言ってたんだけど、「皆は有り余る中から献金したのですが、この女は乏しい中から持っているもの全部を投げ入れたのです」(マルコ12:43)っていう聖書箇所、

「善い行い」にも当てはまるよね、って。目からウロコだった。

「愛せない、返ってこないのが怖い、皆は色んな人と交流して愛してるのに駄目だ」って思ってたけど、恐怖と闘いながら、自分は自分に出来ることを精一杯やるし、神様は、それを、自己肯定感やコミュニケーション能力の高さ故にたくさん愛した人と、寸分違わず公平に評価してくれる。

納得した。